腕組ダイエットのやり方

腕組ダイエットのやり方は、まず基本姿勢になります。脚のかかととつま先をそろえて立ちます。まっすぐな姿勢になって立つことが大事で、その際、一旦目線をやや上に向けながら、あごを引いて目線を元に戻すようにします。

次に肩の力を抜き、後ろに手を回して腕を組むのですが、後ろで手を組む際、組みにくいやり方で組むのがポイントになります。腕組ダイエットをする時は、自然に腕を組むのではなく、組みにくいやり方で腕を組むようにしないといけません。へその下に意識を集中しながら、軽く腹筋に力を入れ、脇腹の腹筋を意識しながら上半身を右へと倒していきます。

倒したら10秒間制止し、同じように次に左に倒していき10秒間制止します。次に、顔を起こしたまま腹筋を意識しながら上半身を前に倒して10秒間制止し、そのまま上半身を正面に向けたまま、今度は上半身を右にひねって10秒制止します。同じように上半身を左にひねって10秒間制止させたら、次に腹筋を意識しながら半歩前に右足のかかとを前に出しながら10秒間制止します。

最後に左足のかかとを前に出して同じく10秒間制止すれば、完了です。合計70秒かけて腕組みダイエットを実践します。